WebスクレイピングとRPAによる自動化プラットフォームを提供する「APIFY」

2020/06/11 07:36

APIFY
https://apify.com/

APIFYの特徴

「APIFY」は、Webスクレイピングした結果に従い、ワークフローを走らせたり、ほかのプロダクトとAPI接続することができるオートメーションツールです。これらをカスタムメイドで作成できるほか、すでにプログラム化されたアクター(アプリ)を配布するプラットフォームとしても機能しています。

APIFYを使ってみる

Apifyストアには、公式またはユーザーがつくったプログラムが用意されており、だいたいのユースケースは、これらで事足りしてしまうほど充実しています。

今回は、自動化プロセスの始点にもなるWeb Scraperを実際に使ってみます。

手順は至ってシンプル。取得元のURLを選択、取得したい要素を指定して実行するだけで良い。

あとは、ステータスが「SUCCEEDED」になれば取得完了。

このように、aタグ要素を取得してくれました。

実行したものはAPI化してくれるため、スケジューリングして繰り返しの実行や、他のツールから呼び出すこともできます。

そして、プログラム処理のライフサイクル(実行前/成功/失敗/タイムアウト/終了)にwebhookを仕込むことが可能。これにより、Zapier等の自動ツールを動かすフックとして活用することができます。

APIFY
https://apify.com/

appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。