月間2万件まで無料で保存できるユーザー行動ログサービス「Datawaves」

2020/03/05 00:48

Datawaves
https://datawaves.io/

Datawavesの特徴

サービス運営において欠かせないのが、プロダクトの改善につなげるユーザーのフィードバックです。直接のヒアリングやアンケートなど様々な手法はありますが、なかでも、ユーザーの行動ログは、定量的かつデータ量も多く幅広く分析できる点で重宝される指標の1つです。

Keen IODatadogなどメジャーなツールは数多くありますが、「まずはミニマムに利用したい」という方には、Datawavesがおすすめです。シンプルなAPIかつ、月間2万件まで無料で利用することができます。

プロジェクトを作成する

こちらがホーム画面。シンプルな必要最小限の機能でまとめられています。

早速「NEW PROJECT」から、作成に進みます。

細かな設定はなく、プロジェクト名だけ入力して完了するだけと非常にシンプル。

ロギングに必要な「プロジェクトID」と「シークレットキー」が発行されます。

ログを登録する

現時点でSDKは提供されておらず、APIでの登録のみに対応。

$ curl https://datawaves.io/api/v1.0/projects/bpfp8ai23akg01v7f3og<①>/events/signup<②> \
  -H "Authorization: xxxx<③>" \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
        "id": 123,
        "name": "James"
      }'

①プロジェクトID
②好きなコレクション名
③シークレットキー

ログデータはJson形式で自由に組むことができます。

$ curl https://datawaves.io/api/v1.0/projects/bpfp8ai23akg01v7f3og<①>/queries/signup<②>/count \
  -H 'Content-Type: application/json'
$ {"result":1}

①プロジェクトID
②コレクション名

続いて登録したデータを確認。こちらも結果はJson形式で受け取れるほか

マネジメント画面のチャートでも、結果が即時反映されます。

「Find by collection」には、ポストされたコレクション名が表示されるので、データを絞ってみることも可能。

$ curl https://datawaves.io/api/v1.0/projects/bpfp8ai23akg01v7f3og/queries/signup/count \
  -H 'Content-Type: application/json'\
  -d '{    
        "timeframe": {
            "from": "2020-03-04T19:00:00.000Z",
            "to": "2020-03-05T19:00:00.000Z"
          }
      }'
$ {"result":0}

また、登録日やタイムゾーンなど、いくつかの条件を指定して取得することもできます。

詳しくは、公式のAPIリファレンスを読んでみてください。
https://datawaves.io/reference#query-parameters

Datawaves
https://datawaves.io/

appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。