AIが自動生成する顔写真DBの「GENERATED PHOTOS」がAPIを公開!

2020/02/11 10:57

GENERATED PHOTOS
https://generated.photos/

GENERATED PHOTOSの特徴

「GENERATED PHOTOS」は、AIが自動生成するこの世に存在しない顔写真DBです。去年話題になった同サービスですが、今まではブラウザからダウンロードするのみでしたが、細かい条件を指定してAPI経由で画像を取得できるようになりました。

今回は、従来の画像をダウンロードする手順に加えて、APIでのリクエストまでをご紹介していきます。

顔写真をダウンロードする

目を引くほどのリアルな顔写真は、性別・年齢・肌・髪・目の色に分類されており、探しやすい工夫がされています。

ナチュラル、笑顔、驚いた顔など、多種多様な表情もラインナップ。

顔写真を選んで透過したり、背景色をのせたり編集することもできますが、透過の場合だけダウンロードに1$かかるのでご注意ください。

顔写真をAPIで取得する

そしてこちらが今回追加されたAPIです。細かい条件をしてリクエストすれば、画像サイズごとのリンクを提供してくれます。

指定できる主な条件はこちら

・emotion(joy, neutral, surprise)
・gender(male, female)
・age(infant, child, young-adult, adult, elderly)
・ethnicity(white, latino, asian, black)
・eye_color(brown, blue, gray, green)
・hair_color(brown, blond, black, gray, red)
・hair_length(short, medium, long)
・order_by(latest, oldest, random, Default: latest)

https://api.generated.photos/api/v1/faces?api_key=dPip9zItbspOgXdpyVbbyQ&gender=male

あとは、これらを組み合わせてリクエストすればJSONで結果を受け取ることができます。

APIは、毎月500リクエストまで無料で利用でき、残数もサービスページから確認することが可能。APIの提供によって、今まで使いにくかったサービス内での利用も進み、一段と使いやすい顔写真DBに進化しています。

GENERATED PHOTOS
https://generated.photos/

appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。