GoogleスプレッドシートでRESTful APIがつくれる「Sheety」

2019/11/18 20:17

Sheety
https://sheety.co/

Sheetyの特徴

ITnewsでは毎度お馴染みのGoogleスプレッドシートでAPIが作れるシリーズ。今回は、80万人以上が使う人気プロダクト「Sheety」をご紹介します。

Googleスプレッドシートを準備します

まずはAPI取得するGoogleスプレッドシートを作成します。URLは後ほど登録するので、メモしておきましょう。

プロジェクトを作成します

Google認証が完了したら、ホーム画面の「New Project」を実行します。

すると、このようなプロジェクト作成画面が表示されますので、先ほど作成したURLを指定して登録完了です。

あとは、発行されたエンドポイントにリクエストすれば

$ curl https://v2-api.sheety.co/6cc12dfc34100ab8c947d91c7e3180bb/iTnews/itnews

{
  "itnews": [
    {
      "id": 2,
      "uuid": "59d30685-003d-4fbe-9815-de814c2cd558",
      "name": "Scott",
      "age": 26
    },
    {
      "id": 3,
      "uuid": "55452a7a-7d55-40b0-97bf-2d67f0998703",
      "name": "Marry",
      "age": 25
    }
  ]
}

このようにデータを取得できます。

認証を追加します

簡易的ではありますがベーシック認証には対応済み。

$curl https://v2-api.sheety.co/6cc12dfc34100ab8c947d91c7e3180bb/iTnews/itnews

{
  "error": "No user found",
  "status": 401
}

プライス

そして、気になるお値段は、1プロジェクト月間500リクエストまで無料で利用できます。

Sheetyならではの機能はありませんが、UIの操作性などはシッカリ作り込みされており人気の高さもうなづけます。

Sheety
https://sheety.co/

appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。