GitHub謹製!コントリビューション(通称:草)を3Dにできるツール「Skyline」を早速使ってみた

2021/02/19 08:22

Skyline
https://skyline.github.com/

「Skyline」は、GitHubによって提供されているコントリビューション(通称:草)を3Dに表示できるツールです。GitHubのユーザー名を入力するだけで、簡単に作成が可能。

完成したグラフは、STL(Standard Triangulated Language)形式でダウンロードできるので、3Dプリンタなどの二次加工にも使えそうです。

Skylineを使ってみる

手順は非常に簡単、GitHubのユーザー名を入力するだけ。

神々しい音楽とともに、3Dグラフが作られていきます。

正面で見るとこんな感じ。

あとは、マウスをぐりぐりして、上にしたり

横にして眺めることもできる。

作成したグラフは、こちらのボタンからダウンロードすれば

3Dプリンタでよく使われるSTL形式でダウンロードも可能。

グラフと共に完成したページは、ツイッターにシェアもできるので、GitHubユーザーはぜひ使ってみてください!

Skyline
https://skyline.github.com/

作成したページ
https://skyline.github.com/kazaneshimizu/2020

appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。