3 picks

グーグルマップが、ゼンリンから自社独自のデータに切り替えたことによるクオリティの低下が話題になっていますが、グーグルマップが何年も前から、衛星写真やストリートビューなどのデータから、機械学習の手法を駆使して地図データをすごい勢いで充実させていることはあまり知られていません。 Google や Apple の地図サービスなどの事情に詳しい Justin O'Beirne 氏による「グーグルマップの城壁」と題されたこの記事では、Google がいかに画像認識と機械学習の技術を駆使し、「データからデータを作り出す」ことに成功し、自社サービスに他社が追いつけないような「城壁」を築くのに成功したか、ということが書かれています。 個人的な話ですが、最近、機械学習エンジニアとして独立してから、主にスタートアップ等を対象に、人工知能・機械学習系のプロジェクト戦略についてコンサルティングをしています。特に、機械学習やデータが鍵となるサービスでは、いかにデータを収集し、機械学習の技術を活用しながら新たなデータを生み出したり、競合が追いつけない勢いでプロダクトを改善するか、ということが非常に大切になってきます。その戦略を考え...

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

7ヶ月前
Googleが機械学習を駆使して、既に他社が追従できないほど地図データを持っているってことですね。
Higuchi Takahiro

アプリケーションディレクター

7ヶ月前
Pickしました
ikezawa toshiki

7ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。