ネット銀行で不正送金事案が急増。金融庁が注意喚起 〜9月のフィッシング被害総額4億円超、被害件数は約4倍に

仮想通貨 Watch / 10ヶ月

金融庁は11月19日、メールやショートメッセージ(SMS等)を用いてフィッシングサイトへ誘導する手口でインターネットバンキング利用者のIDとパスワードを盗み、預金を不正に送金させる事案が多発していると注意を促している。警察庁や全国銀行協会も同様の注意喚起を行っている。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

10ヶ月前

フィッシングによる不正送金被害は、9月に入って急増した。月間の被害総額は4億2600万円にも上り、被害件数は436件と報告されている。被害額は前月比約6倍、被害件数は約4倍の増加だとい
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。