Docker、これまでで最も深刻な cp コマンドの脆弱性CVE-2019-14271を修正

unit42.paloaltonetworks.jp / 11ヶ月

Dockerがこれまで発見されたなかでも最も深刻な脆弱性のひとつ、CVE-2019-14271(cp コマンドの脆弱性)を修正しました。同脆弱性はcocker cpコマンドを悪用するもので、悪用されると完全なコンテナブレイクアウトが可能となります。本稿は概要とPoCを解説します。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Takeda Yuki

11ヶ月前

Pickしました
U T

11ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。