同意ですね。言葉は一次元の情報なので決まった要件を整理するのに適しているけど、仕様を決めていく段階では図や線で表すのが脳を動かしやすいかなと。あと、ユースケースから組み立てる人もできるだけ細かく分割して小さなスコープにして考えるといいですね。