ロボットの日常化を目指すAlphabetのXがゴミ分別ロボットを公開 | TechCrunch Japan

TechCrunch Japan / 10ヶ月

Alphabetの子会社、Xは、野心的な“新たな挑戦”に取り組むことを専業としている。商品開発ではなく、SFの話だと思われそうなテクノロジーの応用方法の研究だ。そのひとつに、オフィスのゴミを分別するロボットがある。エックスは他のアルファベットの子会社とは違い、何をしているかを、ある程度進展するまでは公言しない。そん..

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

10ヶ月前

Pickしました
TechCrunch Japan

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。