エンジニアがイベント登壇資料を作るときに押さえておくべき3つのこと - ブロックチェーンエンジニアとして生きる

ブロックチェーンエンジニアとして生きる / 1年

最近はエンジニアイベントで登壇することが多いのですが、資料作りで気をつけていることをいくつかまとめます。 なぜその発表をする必要があるのかを1番最初に考える 1番最初に考えるべき1番大事ことは、なぜその発表をするべきかで...

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

伝えたい何かが、聞く人にとっても「考えたことがある」など共通認識があると面白いと感じやすかもですね。そこに登壇者の独自視点をプラスアルファする感じで。プログラムを作る手順とか、1年目の苦悩とかのエントリーが伸びるのも共感にあるのかなと。
最近勉強会やイベントに登壇することが多いので気をつけていることをまとめました。みんなが気をつけていることも知りたいですね。
話し手も聞き手も、登壇が何をゴールにした話しであるかが明確だと意義ある時間になりますね。
Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。