日本の量子コンピュータ系スタートアップQunaSysが2.8億円調達、量子化学計算を軸に研究開発加速へ | TechCrunch Japan

TechCrunch Japan / 10ヶ月

量子コンピュータ向けのアルゴリズムとアプリケーションを開発するQunaSysは11月25日、グローバル・ブレイン、新生企業投資、ANRIを引受先とした第三者割当増資により総額2.8億円を調達したことを明らかにした。

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

10ヶ月前

ある意味、本当に「2位ではダメ」な領域なので頑張って欲しい
島田 恭輔

10ヶ月前

量子コンピュータが現実味を帯びてきている。
組み合わせの計算できると凄いですね。
ハードウェアができてくると、アルゴリズムやソフトウェア開発がとても楽しみ。どんな計算ができるようになるんだろうか。
たしかにグローバルNo.1じゃないと駄目な分野ですが先端技術に投資が集まるのは良いですね
TechCrunch Japan

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。