GNUプロジェクトがソフトウェアを自由に共有する思想のもと、フリーソフトウェアが誕生した。しかし、フリーという言葉が「無料」か「自由」かという定義に混乱をきたし、ほどなくコンソーシアムが発足しオープンソースという言葉を推進するようになった。

しかし、それぞれの言葉が生まれて20年が経ち、当初のイデオロギーは、もはや現在の運動家には理解されていない。「オープンソース」が何を意味するか、、今日まで戦いが続いてる。

チャンスがあれば翻訳を依頼してみたいと思います。