120年ぶり民法改正へ、システム開発費「高騰」のリスク

日経 xTECH IT / 10ヶ月

 約120年ぶりに債権法を抜本的に見直した改正民法の施行が、約4カ月後の2020年4月1日に迫っている。改正によりIT業界で新たな火種となりそうなのが、ITベンダーが納品した情報システムに対して、ユーザー企業が無償改修や賠償を請求できる期間が実質的に延長される点だ。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

10ヶ月前

10 年も経過したものを無償で直すのはかなり、シンドイですね…
U T

10ヶ月前

Pickしました
日経 xTECH IT

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。