コインハイブ控訴審、検察官からの質問に「黙秘」貫く 判決は2月7日

www.bengo4.com / 10ヶ月

【弁護士ドットコム】自身のウェブサイト上に他人のパソコンのCPUを使って仮想通貨をマイニングする「Coinhive(コインハイブ)」を保管したなどとして、不正指令電磁的記録保管の罪(通称ウイルス罪)に問われ、一審・横浜地裁で無罪判決を受けた...

この記事をPICKする

hatenabookmark
徳丸 浩
ALPHA

10ヶ月前

モロさん、頑張っているな>『男性は、検察官からの質問に全て黙秘したことについて「弁護人と相談した上で決めた」と説明。弁護人に「何か答えたくない、後ろめたいことがあったのか」と尋ねられると、「そんなことはありません。ですから、裁判官からの質問には全て正直に答えました」と話した。』
tamo san

10ヶ月前

頑張っていただきたい!『検察官からの質問を全て黙秘した。弁護側の質問で、黙秘の意図について「揚げ足取りのような質問で、地裁でいただいた判決を無駄にしたくなかった」と説明した』:コインハイブ控訴審、検察官からの質問に「黙秘」貫く 判決は2月7日 - 弁護士ドットコム
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。