高橋名人の働き方 「ゲームは1日1時間」はテレビゲームを“インベーダーハウス化”させない戦略だった

ITmedia / 10ヶ月

かつて「ファミコン小僧」と呼ばれた子どもたちにはヒーローがいた。高橋名人(60)だ。子どもたちの前では「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めた。大人の顔としてはハドソンの宣伝マンとしてテレビゲームの普及活動に努め、ゲーム史に残る数々の偉業を残している。だが、実はそんな名人も元は口下手であったといい、その素顔についてはあまり知られていない。「名人」本人が自身の仕事哲学について語った。 (1/5)

この記事をPICKする

hatenabookmark
島田 恭輔

10ヶ月前

ちゃんと"お母さん"から攻めていくところが面白いですね。メーカーの人間として逆風もあったはず。
今やゲームも立派な職業になりつつある。
〇〇=悪
は、ただの思い込みで
常識だって変わりつつある。
お母さんもお父さんも、常識にとらわれないモノの見方をしていきたいですね。
U T

10ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。