【Bitcoinが始まってから10年、私たちは暗号技術を過小評価していませんか?】
インターネットの新しい基盤となるスマートコントラクトやWeb3.0は、進展しているものの完全には実現していない。一方で、安全でないスマートコントラクト、コイン喪失、ハッキング、ICO(による詐欺)など、たくさんの批判事項を露呈させています。

しかし、暗号通貨企業は、現在までに新興企業から数千万のユーザーをサポートするまでに成長している。
例)Coinbase(2500万人以上)、Binance(900万人)

長い間、暗号通貨の敵と考えられてきたウォール街も、ついに暗号通貨を友好的なものと見なし始めています。

ビットコインと暗号通貨は、インターネットと世界の金融システムを支配するという野心を実現するまでにはまだ長い道のりがありますが、10年前から現在、そして10年後に暗号化がどこまで進むかを理解している人はほとんどいないと思われる。