5 picks

環境変数を設定するだけでRuby on Railsサーバが10%高速化する(かもしれない)話 - Akatsuki Hackers Lab | 株式会社アカツキ(Akatsuki Inc.)

この記事は Akatsuki Advent Calendar 2019 1日目の記事です。 はじめに tt { font-family: Menlo, Monaco, Consolas, "Courier New", monospace; } --> アカツキでは Ruby on Rails を使ったゲームサーバを開発・運用しています。ゲームの体験を向上するために、レスポンスタイムは一つの重要な要素となるため、種々のパフォーマンスチューニングを行なっています。今回はその一例として、環境変数を1つ設定するだけで、あるAPIのレスポンスタイムが10%も改善した例をご紹介します。 TL;DR 多数の…

続きを読む
徳丸 浩
ALPHA

EGセキュアソリューションズ株式会社

7日前
デフォルトタイムゾーンが変更されていないか /etc/localtime にstatシステムコールを呼び出すオーバーヘッドが塵も積もれば山となるというお話
原因突き止めたのが純粋にすごい。スケーラビリティの解決だけでなく大量データ処理でも性能向上が効きそうですね。
ほほー。
まつもと ゆきひろ
ALPHA

Rubyアソシエーション

8日前
Pickしました
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。