「VRって、いったいいつ来るの?」という問いにVR起業家が本気で答えてみるnote|岸上健人@東京クロノス|note

note.com / 10ヶ月

皆様こんにちは。はじめましての方は、はじめまして。約4カ月ぶりくらいのnoteです。お読みいただき本当にありがとうございます。 私は、MyDearestという4年目のVRスタートアップの代表で、VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」の総合プロデューサーを務める、岸上健人と申します。 これまで「VR×物語」のエンターテインメントを作ってきて、VR漫画・VR小説、今年2019年に、Oculus(Facebook)やPlaystationVRのストアで1位も記録した「東京クロノス」というVRミステリーアドベンチャーゲームを開発しました。 東京クロノス VRミステ

この記事をPICKする

hatenabookmark
清水 風音

10ヶ月前

VRの経済圏が成り立つには、Oculusだけで1,000万人のユーザーが必要で、今はゲーム市場に絞って狙っている。現在は買い切り型が主流だが、1,000万人を超えるとフリートゥプレイにビジネスが変わり、よりユーザー拡大に進んでいくという予想が面白い。
Yuki Naka

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。