3 picks

AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開

AWSが、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開。Smithyを用いてAPIを定義すると、さまざまなプログラミング言語に対応したAPIのソースコードとドキュメントが生成される仕組み。正確で確実に相互連携を可能にするソフトウェアの開発が容易になると期待される。

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

8ヶ月前
マイクロサービスとかサービスメッシュがトレンドなので、グローバルに関心度が高いと思います。やはり、サービス間をAPIでつなぐメリットは、サービスが全停止しにくい作りになること、Netflixが実践されています。
赤嶺 拓

フューチャーアーキテクト・セキュリティ

8ヶ月前
gRPCのインタフェースコード生成と似た仕組みを提供するようなイメージ?
Kouya

8ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。