2 picks

AWS KMS の新機能 公開鍵暗号によるデジタル署名 | Amazon Web Services

AWS Key Management Service で公開鍵暗号をサポートするようになりました。AWS SDK の新しい API を使ってアプリケーションデータを保護するために公開鍵、秘密鍵のキーペアを作成、管理、利用することが可能になりました。既に提供されている共通鍵暗号機能と同様に、公開鍵暗号の秘密鍵は KMS サービスの外側には出ないカスタマーマスターキー(CMK)として生成出来ます。また、データキーとしても生成可能で、データキーの秘密鍵の部分はアプリケーションに CMK で暗号化して渡すことが可能です。公開鍵 CMK の秘密鍵の部分は、AWS KMS のハードウェアセキュリティモジュールに格納されるため、AWS 従業員を含む誰も平文のキーマテリアルにアクセスすることは出来ません。AWS KMS のサポートする公開鍵のタイプは、 RSA 2048, RSA 3072, RSA 4096, ECC NIST P-256, ECC NIST P-384, ECC NIST-521, ECC SECG P256k1となります。 リリースの背景 システム間でデジタルメッセージの整合性を保証する一般的な方...

続きを読む
Suzuki Yutaro

フリーランスエンジニア

6日前
なんかしれっと出てたけど、暗号化だけじゃなくて署名できるようになった?
秋田 法世

プログラマ

6日前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。