2 picks

開発効率とサービス競争力を上げる 機械学習のために整備した「3種類の特徴量」について解説

2019年11月20、21日、LINE株式会社が主催するエンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」が開催されました。20日は「Engineering」をテーマに技術的な内容のセッション、21日は「Production」をテーマに実践的な内容のセッションを多数取り揃え、LINEのエンジニアリングにおける知見を各プロダクトのキーマンがシェアします。「Feature as a Service at Data Labs」に登壇したのはLINE Machine LearningチームのChaerim Yeo氏。本パートでは、データ専門研究開発組織「LINE Data Labs」で提供している3つの主要な特徴量とその役割について解説しました。講演資料はこちら

続きを読む
上村 直紀

フリーランス(稼働中)

3ヶ月前
Pickしました
ログミーTech

自動PickBot

3ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。