2 picks

「世界最悪級の流出」と報じられた廃棄ハードディスク転売事案についてまとめてみた - piyolog

2019年12月6日、インターネットオークションで落札したハードディスクから行政文書とみられるデータが復元されたと報じられました。その後の調査でこのハードディスクはリース会社が委託した処理業者の従業員が転売して事実が明らかになりました。第一報を報じた朝日新聞は今回の流出事案を「世界最悪級の流出」と表現しています。ここでは関連する情報をまとめます。 発端は落札者のデータ復元 IT会社の男性が仕事で使うためにネットオークションで中古のHDDを落札。 使用しようとしたところ、エラーメッセージが表示されたため過去の経験からHDDのデータを確認。 復元ソフトを用いてデータサルベージを実施し、神奈川県の公…

続きを読む
tamo san

ITインフラ・セキュリティエンジニア

2ヶ月前
夜行性インコさんのまとめ。どうやら常習犯だったようですね。廃棄手続きにも穴があったようで:「世界最悪級の流出」と報じられた廃棄ハードディスク転売事案についてまとめてみた - piyolog
清水 風音

ITnews代表

2ヶ月前
まさに世界最悪で、処理業者の根幹をゆるがすほどの事件。

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。