3 picks

オープンソースの中心にある文化戦争 | AnyPicks magazine

Steve Klabnik Ruby on RailsチームのメンバーやMozillaでは、Rustのコアチームを歴任。豊富なオープンソースの寄稿者でもあり、Rails、Sinatra、Rubygems、Rubinius、Resque、Draper、そして自身でも20以上のgemを含む多数のRubyプロジェクトに貢献しています。 戦争が起こっています。戦争の無い時代というのは、一体いつ来るのでしょうか?もっとも、ここでは物理的な戦争について話している訳ではなく、意味をめぐる戦争:「オープンソース」が何を意味するかについての論争です。 少し前に戻りましょう。 フリーソフトウェア財団 人々は様々な理由から、グループを組織します。この話は、「GNUプロジェクト」と呼ばれた組織の物語から始まります。それは1983年に始まったものですが、ここにUSENETに関する最初のアナウンスがあります。その中の4つの重要な段落を抜粋します: この感謝祭より、私はGNU(Gnu's Not Unix:GnuはUnixではないの意)と呼ばれる完全なUnix互換のソフトウェアシステムを書き、それを使うことのできるすべての人に無料で...

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

8ヶ月前
Pickしました
inoue makoto

DBA

8ヶ月前
Pickしました
ITnews 編集部

公式アカウント

8ヶ月前
あなたは「オープンソース」が何を意味するかについて知っていますか?無料か、配布する自由か?フリーソフトウェア運動から、今に続くオープンソースの意味をめぐる論争の背景を紐解いていきます。

Ruby on RailsやMozillaのコアチームとして、そして自身でも多くのオープンソース開発に携わったSteve Klabnik氏の最新エントリーです。

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。