抱えている問題を理解し、どのような手段をとるべきかを設計するべき
プログラムはその後