3 picks

Operaの元CEOによる高機能ブラウザ・Vivaldiが「ユーザーエージェント文字列をChromeに見せかける」ことを余儀なくされた理由とは?

ブラウザのユーザーエージェント文字列とは、アクセスするウェブサイトのホストサーバーに対してブラウザが送信する、使用しているOSやデバイスのアーキテクチャ、ブラウザの情報などを含んだテキストです。ノルウェー発のブラウザ・Operaを開発するオペラ・ソフトウェアの元CEOであるヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏らが開発するブラウザの「Vivaldi」は、このユーザーエージェント文字列を「Chromeと同じものに変更する」と発表しました。

続きを読む
上村 直紀

フリーランス(稼働中)

1ヶ月前
vivaldi使わなくなった理由がサイトによってちょこちょこ挙動がおかしかったからなんだけど、原因これかー
アプデ来たらまた使おうかな
島田 恭輔

フリーランスエンジニア

1ヶ月前
今のところブラウザはほぼChrome 一択ですが、一時期Operaにも興味があったことを思い出しました。
いろいろ試してみて自分に合ったものを探すのもありかも。
蜂谷

上場企業バックエンドエンジニア

1ヶ月前
少し前にAndroidアプリが出て気になってたので、ちょっと興味ある

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。