就職してからor新卒フリーランス問題をゲスエンジニアとださんに聞いてみた|フリーランスエンジニアNote

フリーランスエンジニアNote / 1年

近年、フリーランスという働き方が増えており、フリーランスのエンジニアという働き方も広く認知されつつあります。

この記事をPICKする

hatenabookmark
ゲスエンジニアさんにインタビューしてきました!かなり分かりやすく論点がまとまっていると思います
フリーランスは即戦力かつ短期的にバリューを発揮する必要性があるので、専門性が求められます。単価が上がると企業もよりシビアに見てくるので、やはりある程度会社員で経験値を積んでフリーランスという道筋が良いでしょう(理由はとださんの指摘どおり教育モチベーションがないから)。

そして、会社員もフリーランスも総じて言えるのは、自立して勉強している人はよいパフォーマンスを発揮して食うに困らないことです。とださんがwebだけでなく、VR・ブロックチェーンと新しい分野に携われているのも、それだけ学習を続けているからと推察いたします。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。