マルウェア解析、防御サービス「WildFire」が、62億種類以上の未知のファイルを分析し、8300万以上の新しいマルウェアを発見したとしている。国・地域別では、米国、日本、韓国がマルウェアの検出が多いワースト3