GitHub UIから直接セキュリティアドバイザリを生成し、CVE番号を割り当てる機能が含まれている