【制作裏話】漫画『王様達のヴァイキング』さだやす先生×技術協力の二人が明かす、“リアル×エンタメ”の超絶バランスを生んだチームワークとは? - エンジニアtype | 転職type

type / 9ヶ月

社交性ゼロの天才ハッカー・是枝一希と仕事中毒のエンジェル投資家・坂井大輔がタッグを組み、IT業界を舞台に大活躍する漫画『王様達のヴァイキング』。2019年9月に最終19巻が発売された同作では、6年間という長期にわたり、最新のサイバー犯罪やエンジニア(ハッカー)の“リアル”を描き続けていた。作者であるさだやす先生は同作が初連載。どのようにしてここまでリアルな漫画を描くことができたのであろうかーー

この記事をPICKする

hatenabookmark
清水 風音

9ヶ月前

坂井のモデルは小澤隆生さん(おざーん)なのかw
秋田 法世

9ヶ月前

Pickしました
藤田 正好

9ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。