エンジニア転職市場の有効求人倍率は約7倍––激化する技術者採用のいま

ログミー[o_O] / 1年

2019年3月19日、株式会社レクターが主催するイベント「エンジニア採用最前線」が開催されました。エンジニアの有効求人倍率は年々高まり、採用市場は激化しています。エンジニアの採用が難しくなる中、企業は今後どのように採用活動を進めていけばよいのか? トレンドの振り返りと今後の傾向について、気づきやナレッジを共有します。プレゼンテーション「エンジニア採用動向について」に登壇したのは、株式会社レクターの山口若葉氏。レクターの取り組みと、エンジニア採用市場の現状について解説しました。 ※著作者の申し立てにより、一部スライドを削除させていたしました。

この記事をPICKする

hatenabookmark
ナイスピック!ありがとうございます。

世界的にみてエンジニア争奪戦が繰り広げられている点、国内を見ても人口減少とエンジニアの高齢化で2030年には80万人弱不足する予測が出ており需要は続きそうですね。一方で、プルリクベースのクラウドソーシングなども出てきており、オンラインで完結するエンジニアリング活用なども広がっていくと見ています。
超売り手市場の今しか知らないので、それがいつから始まったのか、いつまで続くのかも気になるところ。
たしかに就職は楽だけど中で勉強を続ける大変さはある
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。