2020年、東京五輪よりも注意すべきサイバー攻撃とは

ビジネス+IT / 9ヶ月

年末年始は、セキュリティ業界でも攻撃動向の振り返り(10大ニュース)や新しい年の攻撃トレンド予測が出される。国内において2020年セキュリティの関心事といえば、東京オリンピック/パラリンピック関連のサイバー攻撃とその対策ではないだろうか。しかし、目の前の目立つ大事にとらわれて、他の脅威への注意がそがれてはならない。いくつかのセキュリティベンダーのトレンド予測を基に、2020年に注意すべきポイントをまとめてみたい。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

9ヶ月前

なるほど→平均的なファイアウォールのログでも、アラートルールの設定次第では「数億件」という数字が出ても特に攻撃が増えたと断定しにくい。もちろん1台のログでこの数字は出ないだろうが、組織運営に直接かかわるサーバやルーターの台数と、数週間から1カ月程度の累計と考えれば、コンシューマーサービスを展開している大企業へのサイバー攻撃と大差はないかもしれない
ビジネス+IT

9ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。