2 picks

緊急かつ重要なお知らせ ー Amazon RDS、Aurora、DocumentDB の証明書をローテーションしてください | Amazon Web Services

お客様には E メールやコンソール上の通知により連絡が届いていると思いますが、驚かれられた方のために、重ねてお伝えします。 すぐにローテーションを行ってください Amazon Aurora、Amazon Relational Database Service (RDS)、もしくは、Amazon DocumentDB をご使用中のお客様で、データベースインスタンスへの接続時に SSL/TLS 証明書の検証をご利用になっている方々は、最新の証明書のダウンロードとインストールをした上で対象のインスタンスにおいて認証機関 (CA) のローテーションを行い、そのインスタンスを再起動してください。 SSL/TLS 接続、もしくは証明書の検証を利用していないお客様は特に更新を行う必要はありません。ただし、将来 SSL/TLS 接続を導入することが決定済みである場合は、それに備えて更新しておくことをお勧めします。その場合は、CLI の新しいオプションを使って、再起動はさせずに最新証明書のローテーションとステージングのみ行うことができます。 この新しい証明書 (CA-2019) は、古い証明書 (CA-2015) を含む...

続きを読む
tamo san

ITインフラ・セキュリティエンジニア

3ヶ月前
つまり『3/5以降は新しい証明書(CA-2019)でないとダメ』ってことですね。5年に一度の更新タイミングなようで:緊急かつ重要なお知らせ ー Amazon RDS、Aurora、DocumentDB の証明書をローテーションしてください | Amazon Web Services ブログ
Kouya

2ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。