脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか | ScanNetSecurity

ScanNetSecurity / 8ヶ月

現在、そして将来迎えるであろう技術者の人材不足を企業はどう超えていけばいいのか。近畿大学工学部教授 電子情報工学科 学科長 就職指導委員会 委員長である竹田 史章 工学博士と、株式会社SHIFT SECURITY 代表取締役社長 松野 真一 氏との対談が行われた。

この記事をPICKする

hatenabookmark
tamo san

8ヶ月前

これが出来ていない企業が多いこと…『教育1年、OJT3年』:脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか | ScanNetSecurity
Kouya

8ヶ月前

これいいですね


これまで熟練の職人が行っていたセキュリティ業務を、誰にでもできる最小単位まで分解し分業化し管理する、同社の云う「標準化」を行い、
ScanNetSecurity

8ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。