3 picks

2019年1月28日、AWS Loft Tokyoにて「囲碁・将棋分野でのコンピューター活用の最前線〜あの天才女流棋士たちも活用するAWS〜」が開催されました。囲碁・将棋の世界では、コンピューターによる強化学習を取り入れた戦術研究が盛んになっています。そんな囲碁・将棋におけるAI活用の今について、現役棋士として活躍しながらAWSを利用して研究を行っている大橋拓文六段と、将棋プログラムPonanzaの作者である山本一成氏が、自身の経験を踏まえて語ります。プレゼンテーション「棋士とAI」に登壇したのは、大橋拓文六段。AlphaGoを始めとする囲碁AI開発の現状と、現役棋士たちによるAI活用のリアルを明かしました。

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

6ヶ月前
ITとかけ離れていた囲碁棋士が、lphaGoの出現で一気にITの中心に放り込まれ今では積極的にAIを活用している流れは興味深い。勝ち負けがつく世界はシビアに結果としてでるので、人間の適応力が上がりますね。
関 昌弘

Webエンジニア

6ヶ月前
AIを使いこなせる若い人の時代!
ほげ

5ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。