中国が大分進んでいる事実とともに、ブロックチェーンが公共サービスの効率を改善する技術として最適であるのが分かる事例ですね。登記簿謄本に書かれているものは全て公開情報であり、ブロックチェーン管理に向いている。また、各所が同じDBをもつことで、都度申請が不要になり非常に効率的になるわけですね。