FSF、Windows 7をフリーソフトウェアとして公開すべきと主張 | OSDN Magazine

mag.osdn.jp / 8ヶ月

フリーソフトウェアを支援する非営利団体Free Software Foundation(FSF)は1月23日、サポート終了となった「Windows 7」をフリーソフトウェアとして公開することを求める陳情をスタートした。コード公開によって「コミュニティが調べて改善する」ことを実現できると主張している。 米Microsoftの「Winodws 7」は1月14日にサポートが終了となったMicrosoft

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

8ヶ月前

サポート切れてても内部的には特許技術の塊だろう。。。無理筋だし、コミュニティサポートのWindowsで会社が延命するのはなぁ
清水 風音

8ヶ月前

たとえ無料であっても、セキュリティ更新のない古いOSを使うメリットがどこにあるんだろうか。
daicon

8ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。