4 picks

 まずは、発注者が、どんな契約形態で、こしばさんにお仕事をお願いしているのかを知ることが大事です。 1 仕事をもらう契約形態を知ろう! 何気なくいただくお仕事の契約形態も、実は様々。 その種類を知って、何が求められているのか、何が義務なのかを把握し、「わかってる」フリーランスになりましょう! ①「業務委託」もひとつじゃない?! フリーランスがよく見る契約書のタイトル、それは、「業務委託契約書」ではないでしょうか? でも、このタイトルは、何かの業務をお願いします、と言っているだけで、その仕事が、成果物があるものなのか、それとも、ただ決められた作業をするものなのかの区別がわかりません。その違いが、実は仕事をする上でとても大事なのです! ②「請負」と「準委任」の違い 「業務委託」という名前でお仕事をもらう場合、その多くは、「請負契約」か、「準委任契約」という契約形態に分類されます。 一番の違いは、成果物の完成義務があるかどうかです。 「請負契約」の場合には、成果物の完成義務があるので、成果物を完成し、納品したものにバグがないことが確かめられたことで報酬を得る権利が生じます。逆にいうと、バグがある場合...

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

6ヶ月前
めっちゃ重要な所です!個人で開発で受ける時に「請負」にすると、無限に保守対応させられるので注意です。

準委任でも現場からの指示は大抵あるのでこのへんは節度でしょうね。基本、契約履行していれば問題ないので、プライベートや勤怠上の話しはスルーすべきです。
Koki Toda

6ヶ月前
弁護士の先生にフリーランスエンジニアが契約するときに注意すべき点を解説してもらいました!
Katayama Hideki

6ヶ月前
Pickしました
Shishido Yosuke

5ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。