胸に貼って、無呼吸症候群を機械学習で検出するウェアラブル・パッチ

ギズモード・ジャパン / 7ヶ月

機械学習が、平常時と違う体内電圧を判断。昼間の眠気や脳卒中、心臓病、記憶障害のリスク増加を引き起こしかねない無呼吸症候群。これを検出するためのウェアラブル・パッチが開発されています。体内の電気信号とアルゴリズムが検出するご覧の通り、このパッチは胸に貼り付けて使います。IEEE SPECTRUMでは、無呼吸の検知方法は、体脂肪計にも使われる、身体を通過する電気信号を測定する生体インピーダンス法と、

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

7ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。