3 picks

gRPC + Protocol Buffers でバックエンドを開発していると、他サービスや Protocol Buffers プラグインの proto ファイルの管理がしたくなる場合があります。 よくある Protocol Buffers のプラグインではリポジトリを go get してコンパイル時にパスを通すよう指示されますが、どのリビジョンの proto ファイルを使ってスキーマを定義しているのかが不明瞭になります。また、 proto ファイルの場所が散らばるのでコンパイルのコマンドも複雑になります。 本記事では、Protocol Buffers とは何かから、なぜ依存管理が必要か、依存している proto ファイルを管理するにはどうすれば良いかについて述べます。 gRPC + Protocol Buffers でバックエンドを開発していると、他サービスや Protocol Buffers プラグインの proto ファイルの管理がしたくなる場合があります。 よくある Protocol Buffers のプラグインではリポジトリを go get してコンパイル時にパスを通すよう指示されますが、...

続きを読む
Ito Michiru

フリーランス

6ヶ月前
後ほどじっくり読んでみたいと思います。
Yusuke Hata

6ヶ月前
Pickしました
赤嶺 拓

フューチャーアーキテクト・セキュリティ

5ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。