品質を犠牲にすることでソフトウェア開発のスピードは上がるのか? 和田卓人氏による 「質とスピード」(前編)。デブサミ2020

Publickey / 7ヶ月

ソフトウェア開発のプロジェクトにおいて、リリースに間に合わせるために開発スピードを優先させ、ひとまず質には目をつぶろう、という判断がしばしば行われることがあります。 はたしてその判断は正しいのでしょうか。2020年2月13日と14日の2日間...

この記事をPICKする

hatenabookmark
そーすい

7ヶ月前

なるほどなぁ。
品質を犠牲にするとどんどん悪循環に陥りますね。
>コードの品質を高く保っていた「にも関わらず」速いのではない。コードの品質を高く保っていた「からこそ」速いのだ。
島田 恭輔

7ヶ月前

質とスピードはトレードオフの関係にないことはよく言われますね。
現場でよくある"コードは捨てる覚悟"は、捨てられた試しがない。メンバーからすると短期的にどこまでできるかはプロジェクトのプレゼンスとして重要視しちゃうけど長期的に見ると負債の山になる。はあるあるですね。
Publickey

7ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。