MacBookのバタフライ構造キーボードは近年のApple史上最も大きな過ちになるのか?

applech2.com / 1年

Appleが2015年に発売を開始したMacBookで新たに採用されたバタフライ・キーボードは現在のMacBookブランドの評判を下げているだけではなく、修理がしにくく、原因が不特定だとして、近年のAppleのプロダクトで最も大きな間違いだったと指摘されています。

この記事をPICKする

hatenabookmark
近年、Appleの失敗つづきの施策の一つがこのバタフライキーボードですね。マシン全体が薄くなった点以外は不評で、非常に押しにくくなった。結局、今はUSBでキーボードをつないで使っています。
2015頃のMBPのキーボードが一番好き(あれもあれで壊れるけど)。
使いやすく長持ちするからAppleの製品選ぶけどこのキーボードだけはちょっとなって思う
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。