IBM・Amazon・Google・Microsoftが政府と協力し新型コロナウイルスの研究に330ペタFLOPSもの処理能力を提供

GIGAZINE / 6ヶ月

トランプ政権の新型コロナウイルス対策チームである「新型コロナウイルスタスクフォース」が、記者会見の中で「アメリカのスーパーコンピューティングリソースを解き放つ」ために、公共および民間が協力するためのコンソーシアムを立ち上げたことを明かしました。コンソーシアムにはホワイトハウスやアメリカ合衆国エネルギー省といった政府機関と、IBM・Google・Amazon・MicrosoftといったIT企業が含まれます。

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

6ヶ月前

GCPやAzureのリソースもか。スパコンだけではなくドリームチーム感。数字的にはSummitの2倍も無いけど体制を整えるのも使うのも簡単じゃないだろうしね
清水 風音

6ヶ月前

covid-19研究のために、グリッドコンピューティングを活用するケースは目にしてたが、やはり規模が違う。ぜひ治療薬開発に期待したい。
蜂谷

6ヶ月前

緊急時のスピード感が良い
これで特効薬できたら映画化するシナリオまで考えていそうw
Kouya

6ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。