徳丸浩氏が総務省に聞く 脆弱性チェック「NOTICE」で、国は一体何をしたいのか?

ITmedia / 6ヶ月

あらゆるものがインターネットを介してつながり、これまでにない量の情報を多くの人が日々活用する——。そんな「Society 5.0」が現実的になりつつある中、多くの組織にとって課題になるのがセキュリティだ。そんな中、総務省は2019年に民間のIoTルーターの脆弱性をチェックする「NOTICE」を開始した。開始当時は一部で物議を呼んだ同施策だが、そもそもどのような効果を期待して始められたのか? NOTICEが始まった背景や現状について、セキュリティ専門家の徳丸浩氏が総務省のサイバーセキュリティ統括官室に切り込んだ。

この記事をPICKする

hatenabookmark
tamo san

6ヶ月前

徳丸さんと総務省サイバーセキュリティ統括官付参事官である赤阪晋介氏の対談。前編では流れをさらっと:徳丸浩氏が総務省に聞く 脆弱性チェック「NOTICE」で、国は一体何をしたいのか? - ITmedia エンタープライズ
島田 恭輔

6ヶ月前

興味深い対談ですね。
総務省がnoticeという取り組みをやっていたことを初めて知った。
Suzuki Yutaro

6ヶ月前

Pickしました
Pickしました
Kouya

6ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。