1時間も会議するのは日本だけ 「借りたら返す」が徹底される、外資系企業の時間ルールとは?

ログミー[o_O] / 6ヶ月

これからの時代は仕事も人材も、よりグローバルかつ流動的になっていくことが予想されます。日本企業と外資系企業における働き方・キャリア・文化の違いから、今後の働き方を見直すことを目的に開催された本イベント。日系・外資系企業それぞれに長年所属し活躍している4名が、各企業の内情を赤裸々に語りました。本記事では、仕事の効率を高める取り組みや考え方について、日系・外資系それぞれの視点から探ります。

この記事をPICKする

hatenabookmark
山下

6ヶ月前

>時間というのは、貸し借りしているものだ
いい言葉ですね。
その人の時間を使っているのだから、その人にとって時間分の価値があるものにしないといけないですね。
tamo san

6ヶ月前

会議の時間って皆から貴重な時間を奪っている、という意識を忘れてはならない:1時間も会議するのは日本だけ 「借りたら返す」が徹底される、外資系企業の時間ルールとは? - ログミーBiz
関 昌弘

6ヶ月前

リモートになって何を話すのか決めない会議はほんと減ってほしい!下手すると喋らない人は他のことしてるからダラダラ続く傾向にある気もします。
Kouya

6ヶ月前

テレワークで無駄な会議がどんどん減っていくいいなー
清水 風音

6ヶ月前

個人的には、場所の制限もないので、テーマをしぼってショートな会議が増えた印象ですね。
島田 恭輔

6ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。