赤嶺 拓

フューチャーアーキテクト・セキュリティ

5ヶ月前
jsonまたはparquetファイル形式に変換したら、スキーマを自動解析して、いきなりSQL解析の対象にできます。
jsonファイルに関しては、ネスト構造を行展開するSQL関数を用いてRDBのテーブルデータ構造に変換できます。
同じスキーマのファイルを格納したフォルダを一つのテーブルのように扱うことも可能です。
あと、excel、csvファイルも扱えますが、ヘッダー行、改行コードを事前に登録する必要があります。
ネットワークを介してマウントしたフォルダにも適用可能です。
清水 風音

ITnews代表

5ヶ月前
分析に必要なデータを他のプロダクトと連携して一元管理するプロダクトでしょうか。経営の数字に跳ねるのはコストダウンですが、効果はいかほどかいった印象ですね。

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。