爆弾や危険な化学物質の匂いを検知。エアバスが「電子の鼻」を飛行機内に設置するって

ギズモード・ジャパン / 4ヶ月

生きた細胞とマイクロプロセッサーによるバイオテクノロジー。航空機のAIRBUS(エアバス)と、脳や生命体が持つ器官を科学するウェットウェア企業Koniku(コニク)が提携し、爆弾や危険な化学物質の匂いを検知するクラゲ型デバイスを開発しています。パンデミック蔓延で生物兵器にも対応するよう方向転換AIRBUSいわく、最初は爆発物にのみ対応するよう作っていたものの、新型コロナウイルスが起こしたパンデミ

この記事をPICKする

hatenabookmark
清水 風音

4ヶ月前

主に製造業向けの臭気検知など、センシング技術もAIで飛躍している分野ではありますね。
Mimura Tatsuya

4ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。