メルカリはなぜマイクロサービスへ踏み切ったのか? CTO 名村卓氏に聞く、組織とアーキテクチャの今とこれから

CodeZine / 1年

 急激な変化にも対応しうるソフトウェアのアーキテクチャとして注目を集める「マイクロサービス」。Webサービス系の企業をはじめとする先進的な企業が導入しており、急成長中のメルカリも本格的に移行を開始した。「どのような背景でマイクロサービス化へと踏み切ったのか」「それに伴ってエンジニア組織はどのような改革を行なったか」、そして「今後はどのような組織を目指しているのか」など、エンジニアを牽引する立場であり、マイクロサービス化に伴う組織編成を担う、同社 執行役員CTOの名村卓氏に話を聞いた。

この記事をPICKする

hatenabookmark
マイクロサービス化は、ビジネスロジックに切り分けてつなげるので共通化しやすい分複雑になると思っていましたが、Uberは良い事例ですね。

なお、マイクロサービスとモノリスはこの辺が詳しいです。
https://codezine.jp/article/detail/11055
> ボトムアップの意思決定が最終的に大規模なアプリケーションの品質を高め、改善にもつながっている。
トップダウンではなく、ボトムアップで製品の質を高める試みは真似したいです。

Uberの事例は初めて知りましたが良さそうですね。
ERPはモノリスですかね。でも基幹システムもこの流れに逆らえないだろうな〜保守は楽だし、ユーザーサイドにもメリットありそう。
関 昌弘

1年前

メルカリとメルペイとメルチャリがロジックで共通化されるのか興味ありますね。
Pickしました
Pickしました
Pickしました
86

1年前

Pickしました
Pllogg

1年前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。