現場で使える Django のセキュリティ対策 / Django security measures for business (DjangoCon JP 2019)

Speaker Deck / 1年

○ 発表タイトル 現場で使える Django のセキュリティ対策 ○ 発表内容 待望のバージョン2系の LTS がリリースされ、ますます現場で Django が盛り上がることが予想されますが、導入検討の際にネックになるものの一つに「セキュリティ」への懸念があります。 Django にはデフォルトでセキュリティ対策も含まれていますが、そのあたりの理解が中途半端だと、リリースした Webアプリが攻撃者の格好の餌食になってしまいかねません。そうならないためにも、Django のセキュリティ事情については開発前から(もちろん開発中でも)きちんと把握しておきたいところです。 そこでまず、Django におけるセキュリティ対策の基礎について概観します。そして CSRF などの重要な(そして重要な割にあまりよく理解されていない)ものについては、「CSRF(しーさーふ)って何?」というレベルの人にも分かるように基本から解説します。

この記事をPICKする

hatenabookmark
(IPAが定めた)脆弱性対応を怠るとベンダーが損害賠償請求を受ける。当然開発サイドとして抑えておく対応だが、フレームワークがある程度吸収してくれる点は心強いですね。
Pickしました
Pllogg

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。