エンジニアの36%が他職種からの“転職組” 「専門性・やりがい・高年収」などが決め手に

ITmedia / 1年

エンジニアとして働いている人のうち、他職種からキャリアチェンジした人は36%。人材会社パーソルテクノロジースタッフの調査で判明した。専門性の体得、やりがいの実感、高年収などが転職の決め手になっていた。

この記事をPICKする

hatenabookmark
人手不足なのでありがたいですね。
嫁の友達も準公務員からITエンジニアに転職していました。
1ヶ月ほど研修を受けたあと客先に常駐しているそうです。
女性でも男性と変わらないお給料なのがいいと思います。
まだこの業界に関して、やりがいは感じることができていない。ただ座学の研修を受ける中での専門性は強く感じる。初めは不慣れでわからないことが多いかもしれないけど、めげずに専門性を突き詰めていきたい
営業と話をしていると、よく「エンジニアってすごいですね!」という話になります。よくわからないからこそ、すごいと感じるみたいですね。営業からの転職率が高いのも頷けます。
あらゆる業種から転向しやすいのもエンジニアのメリットといえる。それとフリーランスがここまで定着している職種も珍しいのではないだろうか。
Pickしました
Pickしました
henoya

1年前

Pickしました
O. Hikaru

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。